視察旅行での貸切バス

仕事でのクライアント接待を含めた視察旅行などは、どの企業様も実施しているかと思います。
その際に貸切バスを使うことで招待したクライアントに、高いホスピタリティを与えることができます。

大半のクライアントを招待した視察旅行は現地集合、現地解散であることも多くあります。
ただ、移動中もクライアント接待の場として活用することも可能です。

大型バスでは、テーブルを挟んで向かい合って座れるサロンタイプのバスや、トイレ付きのバスなどもあります。
車種によってはカラオケがあったり、冷蔵庫やポットなどもあるものもあります。
これらによって移動する際も、接待の場に利用することもできます。

また、ビジネスでは行き先などの関係で時間の調整が必要なことも出てくると思います。
貸切バスは、契約した時間内であれば細かい変更などは調整しやすいので、その場の状況によって変更することも可能です。

現行の大型バスは、内装も豪華で設備の良いものも多くあります。
視察の移動中も、DVDを見てもらいながらプレゼンテーションをすることも可能です。

貸切バスを使うことは、視察の間の移動手段としてだけでなく、商談の場として提供することだって可能なのです。